Close

2017年5月30日

「HIKVISION」のネットワークビデオレコーダー「DS-7716NI-I4」と「DS-7732NI-I4」について

「HIKVISION」のネットワークビデオレコーダー「DS-7716NI-I4」と「DS-7732NI-I4」について
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

監視カメラの性能向上に伴い、ニーズは刻一刻と変化しています。「高画質デジタル録画」「防災センターでの集中監視」「録画データの一元管理」はその代表的な例です。

「HIKVISION」のネットワークビデオレコーダー「DS-7716NI-I4」と「DS-7732NI-I4」は、ネットワークを介した監視システムにより、遠隔、および集中監視を実現しています。市場のニーズに応えつつ、さらなるセキュリティ向上に寄与します。

「HIKVISION」のネットワークビデオレコーダー「DS-7716NI-I4」と「DS-7732NI-I4」の特長

「HIKVISION」のネットワークビデオレコーダー「DS-7716NI-I4」と「DS-7732NI-I4」は、H.264+対応で高画質の録画データの保存が行え、4K解像度での出力にも対応しています。デジタルレコーダーですから画質の劣化もありません。カメラに電源を供給するPoEも備え、カメラの接続によってレコーダーが自動検出を行い、録画を開始します。そのため配線工事は必要最低限で済み、設定も簡易なモデルとなっています。

「HIKVISION」のネットワークビデオレコーダー「DS-7716NI-I4」と「DS-7732NI-I4」のオススメ利用方法

最大16台、もしくは最大32台のネットワークカメラが接続できるため、多数のカメラを必要とする建物、業態の店舗にてご利用いただくことをオススメします。

特に不特定多数の出入りが想定される商業ビルや飲食店、外構に面した侵入経路の多いマンションではトラブル・有事の際の証拠としても有用です。

商業ビルでの利用がオススメできる理由

一般的に商業ビルは、延べ床面積が広くなればなるほど必然的に入居店舗も増えるため、多くの来店客が見込まれます。店舗独自の防犯対策とは別のビル全体の安全管理のため、各階の導線やトイレ周辺の様子をセンターで監視できる状態が望ましいでしょう。

そこで、カメラ最大32台分の高画質映像を一括管理できる「DS-7716NI-I4」と「DS-7732NI-I4」をご活用ください。あわせて、動体検知機能搭載のカメラを導入いただければ「人の動きを検知したときだけ録画する」という運用も可能となります。

飲食店での利用がオススメできる理由

飲食店への監視カメラシステムの導入もぜひご検討ください。不特定多数の方が出入りするなかで、お金や食品を管理しなければならない飲食店は、トラブルへのリスク低減対策が求められます。くわえて、調理場・休憩スペースへのカメラを設置することで、オペレーションの効率アップにも期待したいところです。高画質・高解像度の映像ならさらに効果的といえるでしょう。

ネットワークビデオレコーダー「DS-7716NI-I4」と「DS-7732NI-I4」を介した監視によって、これらの予防や解決の糸口となる映像を管理いただけます。

マンションでの利用がオススメできる理由

犯罪を抑止し、安心して生活が送れる環境をつくる。それがマンションへの監視カメラ導入の目的です。高性能な監視カメラ、および監視システムの導入はマンションの資産価値向上にも貢献します。

出入り口、エントランス、駐車場、駐輪場、ゴミ置き場、屋外階段、エレベーター内…すぐに思いつくだけでも、監視カメラを導入することが望ましい箇所は多くあります。最大32台までのカメラが接続できる「HIKVISION」のネットワークビデオレコーダー「DS-7716NI-I4」と「DS-7732NI-I4」は、集合住宅に適したモデルです。
空きポートを将来増設用としておくこともできるため、少数のカメラから運用を開始するなど、状況に応じてフレキシブルにお使いいただけます。