Close

2017年6月19日

「HIKVISION」のタブレット・スマートフォン用映像管理アプリ「iVMS-4500」について

「HIKVISION」のタブレット・スマートフォン用映像管理アプリ「iVMS-4500」について
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

セキュリティ意識の向上により、監視カメラのニーズの高まりました。

ビルやマンションに限らず、一般住宅や店舗でも、複数のカメラを1つのディスプレイで監視できるネットワークシステムを構築することが一般的になっています。

そんなネットワーク接続のメリットのひとつに、タブレットやスマートフォンでの遠隔監視があげられます。

いつでもどこでも監視できる仕組みを可能にしている、「HIKVISION」のモバイルクライアント向けソフト「iVMS-4500」をご紹介します。

「HIKVISION」の映像管理ソフト「iVMS-4500」の特長

最大の特長は、どこからでも可能な遠隔操作。これまでの遠隔監視はLANなどのネットワークに接続されたPCや、ビデオレコーダーが用意された環境での操作が不可欠でした。

「HIKVISION」の映像管理ソフト「iVMS-4500」なら、スマートフォン・タブレットを通して監視施設から遠く離れた場所からでも監視できます。

お使いのスマートフォンがネットワークに接続されている環境下であれば操作が行えるため、忙しいオーナー様にも最適のアプリです。

「HIKVISION」の映像管理ソフト「iVMS-4500」の操作性ついて

「iVMS-4500」は、スマートフォンに最適化されたアプリのため、操作性も優れています。ピンチによるズームイン/アウト、タップによるモード切替など感覚的に扱えるのも強みです。

普段お使いのスマートフォン向けアプリと同様に、スムーズにお使いいただけます。マウスやキーボードなしでも扱える易操作も、遠隔監視にとって重要なファクターでしょう。

「HIKVISION」の映像管理ソフト「iVMS-4500」の遠隔操作について

「HIKVISION」の映像管理ソフト「iVMS-4500」では、通常の監視用ソフトウェアとほぼ同じ操作が遠隔で行えます。

たとえば、リアルタイムプレビューなら移動中の電車内からでも、監視カメラを設置している施設内外をライブ監視できます。

カメラが対応していれば、パン・チルト・ズーム操作も可能なため、現状を確認しながら、現地にいる常駐の管理者に伝えるといった場合にも役立ちます。

また、キャプチャビデオも再生できますから、重要なイベントの起こった場面を見逃す心配もありません。

「HIKVISION」の映像管理ソフト「iVMS-4500」のその他の機能について

ネットワークからレコーダーに直接アクセスできる「iVMS-4500」。遠隔ながらプリセットの呼び出しやパラメーターの設定といった、管理上の細かな部分も操作いただけます。レコーダーのある施設まで赴かずに行える、別拠点からのデバイスマネジメントを実現しているのです。

くわえて、何かのアラートを検知した場合のポップアップ通知も設定可能。忙しいオーナー様でも安心です。構築した監視システムと連動した「iVMS-4500」が、皆さまに代わって異変を察知・セキュリティを保持します。

監視の重要性、ニーズが高まり続けるなか、「HIKVISION」は映像管理ソフト「iVMS-4500」を通じて”真の24時間監視”をご提供いたします。