Close

2019年3月20日

防犯・監視カメラの設置・取り付け工事の流れについて(着工・工事終了後編)

防犯・監視カメラの設置・取り付け工事の流れについて(着工・工事終了後編)
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

防犯・監視カメラの設置・取り付け工事の流れについて(工事準備編)」では、工事前の流れについてご紹介させていただきましたが、今回は、着工の流れについてご紹介します。なおご紹介している流れは、弊社(株式会社デジタルマックスジャパン)の流れをベースにご紹介しています。他社では、違う部分もございますので、ご注意ください。

設置・取り付け工事手順1「提出書類の準備」

設置・取り付け工事スタートにあたっては、提出書類を準備します。公的な届出はもちろん、設置先の建物、管理会社のルールに基づく作業届や作業員名簿も必要になるケースもあります。

その他、工事現場に出入りするための届出(入館車両のナンバーや持ち込み工具など)も重要です。工事期間が中長期に及ぶケースでは、工程表も準備しなければなりません。設置する施設などによっては、作業時間や施工に制約があるケースもございます。必要に応じてお打合せのうえ、ルールを遵守した計画を策定します。

設置・取り付け工事手順2「現場の養生」

実際の取付工事を始める前に、お客様の大切な施設・資産を傷つけないよう、機器設置個所周辺や必要であれば資材搬入の動線に養生をいたします。

ビニールシート、プラスチックダンボールを取り付けるものですが、一般的には引越しをイメージしていただくとわかりやすいかもしれません。工事現場における養生では、既に完成している建物の壁や床の損傷を防止することを目的としています。ケーブルに硬質カバーを被せたり、感電や短絡(ショート)を防ぐために、露出している金属部分をビニールなどの絶縁体で覆うのも養生の一種です。養生後、工事を進めていきます。

設置・取り付け工事手順3「工事完了後」

工事が終わったら、施主検査となります。施主検査はいわば工事の最終チェック。防犯・監視カメラの動作のチェックなどを行います。具体的には、予定した位置に防犯・監視カメラ、及びレコーダーが設置されているか、問題なく撮影ができ、録画・再生できるかなどが確認項目です。

チェック後、もし何かあれば修正を行い、修正が完了すると、ケーブル試験成績表等の完成図書を提出します。事前にお渡しした図面・系統図・IP管理表等に変更があったときは、最新版への差し替えをもって納品となります。

設置・取り付け工事手順4「アフターサポート」

アフターサポートについては、締結させていただいた契約内容にもよりますが、ほとんどの場合施工から1年間は無償で防犯・監視カメラの運用をサポート。ところが、施工業者の中には、十分なサポート体制が整っていない会社があることも事実です。施工を検討されるのであれば、あらかじめ設置後のケアについても、ご確認いただいたほうがよいでしょう。

なお、弊社(株式会社デジタルマックスジャパン)が施工した工事は、引渡しの日から1年間の瑕疵担保責任を負います。また、設置後の保守メンテナンスについても、サポート体制を充実させております。お気軽にお問合せください。

以上が着工・アフターサポートの主な流れです。