Close

2019年3月20日

防犯・監視カメラの必要台数を算出する方法と撮影した映像の保存期間について

防犯・監視カメラの必要台数を算出する方法と撮影した映像の保存期間について
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

防犯・監視カメラは何台設置すれば、より効果的な監視が可能になるのでしょうか。また、防犯上の観点から考えると、撮影した映像の保存日数も気になるところです。これらはどのように決定していくのか、ご紹介いたします。

防犯・監視カメラは何台必要か?必要台数の算出

台数を決定する要因の1つ目に「設置する目的」そして2つ目にそれを実現する「カメラの画角」があります。設置する目的は「何を・何のために撮影・録画したいのか」をはっきりさせる必要があります。例えば駐車場や駐輪場で盗難や破損などの被害が多発している場合は、入口及び出口に各1台ずつ。そして被害が多いエリアに1台、敷地範囲全体を俯瞰して撮影できるように1台。など「なんとなく設置する」のではなく目的を絞ることを推奨しています。そして2つ目の「画角」とは、防犯・監視カメラで撮影したときの「実際に写る範囲」のことです。監視対象エリアの範囲にもよりますが、画角が広ければ広いほど、設置するカメラの台数は少なくて済みますが、犯行時に犯人の顔まではっきり写ることは難しくなります。逆に画角を狭くすると人の顔や車のナンバーまでしっかり写ることが可能となりますが、必要台数が増えるとお考えください。

実際の設置台数の検討にあたっては、監視対象の目的やエリアの広さとカメラの画角をうまく考慮しながら、最適な監視環境を作り出すことが重要です。

無数にある防犯・監視カメラメーカーの各製品は写せる範囲に違いがありますが、各メーカーごとの製品画角をお客様が全て把握するのはとても難しいことですので、弊社にご相談ください。ご希望の設置目的により最適な台数、適切な監視環境のご提案をさせていただきます。

撮影した映像の保存期間について

防犯・監視カメラで撮影した映像の保存期間はとても重要です。しかし無限に保存はできませんし、いざ録画映像を確認するときに折角撮影した画像が荒く必要な映像・情報が使えなければ意味がありません。このような問題を解決するには録画する前の「撮影条件」が重要になります。ポイントとしては「1.カメラ台数 2.撮影のコマ数 3.映像の圧縮方式 4.画質の鮮明さと滑らかさ」となります。私達のような専門企業はこれらを専用のソフトウェアを使用して算出します。画質の鮮明さ、保存期間の長さなどお客様のご要望に即し、以下の項目について調整・設定いたします。

防犯・監視カメラの設置台数

先だって決定したカメラの台数を入力します。ご使用になるレコーダーの種類によって保存容量には上限がありますので、カメラの台数によっても保存期間が変動するため、カメラ台数が少ないほうがより保存期間を長くとることができます。

圧縮方式

防犯・監視カメラで撮影した映像データ(動画)は、画像データに比べるとデータ容量が大きくなるのが一般的です。高画質になればなるほど多くの容量を必要としますので、撮影した映像をそのまま保存すると、非常に大容量になってしまいます。そこで、レコーダーに記録する際には、映像データを圧縮しています。

標準的な圧縮方式は「Motion JPEG」「MPEG-4」「H.264」「H.265」の4種類。左から順に圧縮効率が古く、H.265が最も新技術で効率の良い方式となり、高画質な動画でも保存容量が少なく済みます。しかし、高圧縮の規格はどんな機種のカメラやレコーダーでも処理できるわけではありません。そのため、ご使用になるメーカーや機種を事前に確認しておく必要があります。またメーカーによって独自の圧縮技術を開発している場合もありますので、その場合は「H.265+(プラス)」などの名称で呼んでいることもあります。

解像度

映像のきめ細やかさに影響を及ぼす画素数の密度を「解像度」と言います。単純に画質の良し悪しとご理解いただいても差し支えないでしょう。

高解像度で撮影した映像は、ズームインしても鮮明さが失われません。特に、拡大して記録映像を確認したいのなら、解像度を高くしておかないと、その目的が達成できない可能性があります。現在最も主流になっているのはフルHD規格の「1920×1080」(2メガピクセル相当)が多く、更に4メガピクセル、8メガピクセルのような高解像度も豊富に増えています。

フレームレート

フレームレートは「1秒間の映像に何枚の画像が含まれているか」を示す値です。単位はfps(Frame per second)。動画は画像を素早く連続で切り替えることで、映像として見せていますので、数値が大きくなると、滑らかな映像になります。パラパラ漫画と同じような原理です。しかし、同じ解像度でフレームレートを高くした場合、容量が増え、ネットワークインフラやシステム全体にも負荷が増えてしまいます。そのため、あまり高すぎない6fps程度に設定するケースが多くなっていますが、インフラ設計やシステム設計をしっかり作る事で、6fps以上で使用できますし、弊社が扱っている製品は最高60fpsまで使えるカメラをご用意しています。

ビットレート

画像の伝送速度のことをビットレートと表します。防犯・監視カメラが1秒間にどの程度のデータ量を出力しているかを示す指標です。bps(bit per second)という単位を使用し、解像度やフレームレートが大きく、映像が鮮やかになるに連れて大きな値になります。

低い値だと、例えばピンク色が赤色に表示されてしまうなど、3原色しか表現できなくなるイメージです。となると、ビットレートが高いほうが良さそうに聞こえてしまいますが、実はそうでもありません。
ビットレートをあげると、その分ネットワークに負荷がかかります。ネットワークの環境によって、転送できるビットレートの上限が決まっているため、あまりに高負荷だと回線がパンクしてしまう可能性もあるのです。フレームレート6fpsだと、概ね1536kbpsが目安とお考えください。

録画日数

これまでの項目の設定値を踏まえたうえで、お客様のご希望の録画日数を確保するために必要なHDD(ハードディスク)の容量を計算します。弊社製品では平均的なカメラ4台までのケースでHDD 2TBあたり、30日の保存が可能です。

設置を想定しているNVR、DVR(レコーダー)ごとに積載できるHDDの容量が異なるため、適宜画質を調整して容量内に収まるよう調整したり、必要な容量のHDDを積めるNVR、DVRの導入をご検討いただきます。ただし、画質を落としすぎると監視の意味が薄くなってしまいますので、できるだけ機種の変更でのご対応をオススメします。
なお、近年はより大容量保存が主流になっており、企業においては3ヶ月、6ヶ月、1年などを要望されるケースも増えています。

防犯・監視カメラの必要台数と撮影した映像の保存期間についてのまとめ

台数と保存期間の決定にあたって、重要なのはお客様が「何を重視されるか」です。どれほど鮮明な画質にしたいか、どこまで撮影したいか、あるいは録画日数や予算を重視されるのか……。重要視する項目によって、保存期間は大きく変わりますので、本ページを参考にじっくりご検討いただければと思います。

もし迷った時はお気軽に弊社にご相談ください。